働く場所や
時間を自由に選び
「大切な時間」を
テクノロジーで生み出す

Platform Engineering Div.
プロダクトエンジニアリンググループ
リードエンジニア岩山 浩将

北海道大学大学院情報科学研究科修了。
大手ソーシャルゲーム会社での複数のソーシャルゲームプラットフォームの開発・運用等を経て、2018年末にCaSyに参画。
地元札幌からのフルリモート勤務にて、家事代行マッチングシステムの開発を運用・保守面からリードしている。

チーム全体に変革をもたらすフルリモートワークという働き方

私は2014年に東京にある大手ソーシャルゲーム会社に入社しました。スマホ向けのプラットフォーム開発の部門で、大規模かつスピード感のある開発業務を行っていました。しかし、いずれは地元の札幌に戻って仕事がしたいという思いがあり、Uターンで札幌のパッケージソフトウェア開発会社に転職しました。地元で働けることに対しては非常に満足をしていたのですが、もっと自分の仕事の幅を広げたいとも感じていました。地元に生活の基盤を置きながら、仕事において挑戦し続けたいという思いを叶えてくれるのが、CaSyでした。
「リモート勤務で大丈夫。どんどん挑戦して、チームに変革をもたらしてね」と私に期待にしてくれていたことが嬉しかったですね。また、家事代行という事業内容にも非常に興味を持ちました。いい意味で「テクノロジー未開の地」だと。家事代行は、ほんの一昔前まで「電話と紙」で仕事が行われていた業界です。
今も多くの会社では、申し込みまではWEB化されていますが、そこから先は全て手作業という状況があります。IT技術によって効率化し、より精度の高いマッチングを実現することで、家事代行を日本に浸透させる、という仕事にCaSyで挑戦できることは、エンジニアとしての成長に繋がると感じました。

働いた時間ではなく成果で貢献する

CaSyではOPATHという人事ポリシーの中に「Pay for Performance」というものがあります。何時間働いたかではなく、「何を成しどう貢献しているかに着目する」という考えです。CaSyではこの考え方が実践されていて、多くのメンバーが働く場所や時間を自ら選択して仕事をしています。実際、エンジニアの仕事はリモートでもしっかりパフォーマンスが出せると思います。対面でしかできない仕事の場合は東京に行きますが、普段は札幌で仕事をしています。
CaSyではすでにリモートワークは当たり前になっていますが、フルリモートワークでも高い成果を残し続けることに挑戦していきたいです。

誠実で、正直な、新しいエンジニアチームを創る

私は行動指針であるUNICOの中でも”No Lie”という言葉を大切にしています。誠実に、正直に、心を見つめて向き合うことで、あたらしい関係を生み出す。全ての職種に言えることだと思いますが、遠慮をしたり、萎縮することなく、自分が思うことを発信することができ、それをお互いが受け止めることができることが大切です。
お互いの信頼関係や個人のプロ意識が高くないと成り立たないことだと思いますが、CaSyというチームで実現できていることを、とても誇らしく思います。
私たちのミッションは「大切なことを、大切にできる時間を創る。」です。
私たち自身も、働く場所や時間を自由に選択できる働き方をすることで体現しながら、すべての人たちが実現できるよう挑戦を続けていきたいです。

ENTRY

「笑顔の暮らしを、あたりまえにする。」
ために
CaSyで一緒に働きませんか?
エントリーする
bullet_right 家事代行・家政婦サービスは1時間2,190円のCaSy(カジー)